学校

最近は少子化の影響で、新たに学校が建設されるというケースは少なくなっていますが、老朽化による達て直しなどはよく行われています。また、廃校になった学校の取り壊しなども土木業者が行っているので、この2パターンが多いと言えるでしょう。中には2つの学校が吸収合併することもあります。

吸収合併した場合には、どちらか片方の学校が取り壊されるのが一般的ですが、もう片方の学校を建て直して使用することがあります。吸収合併した学校の片方を取り壊し、新しい校舎を建ててからもう片方を取り壊すということも多くなっていますが、このように学校の建設や取り壊しの仕事も多くなっています。

中には老朽化した建物を再利用している場合や、そのまま放置していることもあるのですが、古くなっているので危険を伴う場合があることから、最近では取り壊されることが多いのでしょう。このような学校の工事も社会インフラ整備の一環になっています。特に地方では学校の吸収合併が多くなっています。

埼玉県草加市にあるナガヤス工業も、学校を取り巻く環境についても取り組んでいるようで、ナガヤス工業は安心の技術で学校に関わる公共工事等も取り扱っています。

ナガヤス工業PDF資料

こちらも合わせてお読みください

  • 低層ビル2015-12-11 低層ビル 都心には高いビルが多くなっていますが、少し郊外に行くと、低層の雑居ビルなどが多くなっています。このような低層ビルも土木工事業者が手掛けるのですが、マンションと違って多数 […]
  • 建物の解体2016-01-14 建物の解体 土木工事業者の仕事というのは、建設工事だけではありません。建物を建てるだけではなく、古くなった建物を解体するのも仕事のうちなのです。建物というのはどれだけ丈夫に作っても […]
  • 公園2015-11-19 公園 土木工事業者の仕事はたくさんあるのですが、街中にある公園を作るように依頼されることもあります。公園にもいろいろな種類があるのですが、よく街中に見かけるような小さな公園で […]
  • 施工2015-12-22 施工 土木工事というのは準備がとても大切になるのですが、しっかりと準備が整ったのであれば、今度はいよいよ施工を行います。設計図を基にして建設工事を行う場合もありますし、解体工 […]