建物の解体

土木工事業者の仕事というのは、建設工事だけではありません。建物を建てるだけではなく、古くなった建物を解体するのも仕事のうちなのです。建物というのはどれだけ丈夫に作っても、寿命が来れば崩れてしまうため、古くなった建物を解体するのも社会インフラ整備の一環だと言えるでしょう。

解体工事というのはかなり短期間で行える作業ですが、建築を行う場合よりも危険を伴うため、初心者が行うべき仕事ではありません。ある程度経験を積んだ人が行うべき仕事だと言えるでしょう。解体をすればいらなくなった材料が多数出てくるので、トラックに積んで運び出す必要もあります。

再利用できる物は再利用するのですが、中には廃材となってしまう物もあるので、廃材と再利用できる物に分別するのも仕事です。解体工事も建物の種類によって方法や難易度が変わってくるのですが、やはり高くて大きな建物の方が、解体も難しく時間もかかります。さらに周りに破片が飛び散らないための対策も行う必要があります。

こちらも合わせてお読みください

  • 公園2015-11-19 公園 土木工事業者の仕事はたくさんあるのですが、街中にある公園を作るように依頼されることもあります。公園にもいろいろな種類があるのですが、よく街中に見かけるような小さな公園で […]
  • 施工2015-12-22 施工 土木工事というのは準備がとても大切になるのですが、しっかりと準備が整ったのであれば、今度はいよいよ施工を行います。設計図を基にして建設工事を行う場合もありますし、解体工 […]
  • 工場建設2015-11-20 工場建設 日本は世界屈指の物作り大国なので、工場の数もかなり多くなっているのですが、土木工事業者では工場を新たに建設することもありますし、古くなった工場の取り壊しなども行っていま […]
  • 高層ビル2015-12-12 高層ビル 都心を中心に高層ビルがたくさん建っていますし、現在でも高層ビル建築はどんどん行われています。高層ビルはかなり高い建物ですし、現在ではすでに高層ビルが乱立している中に建設 […]